運命が変わるイベント一覧

運気アップ、健康、リラックス、能力アップ… 。
TDEで叶えられることはたくさんあります。経験した人にしかわからない不思議な出来事を、ぜひあなたも体験して、直に感じてください。

    中継オートロードインタビュー&会員様インタビュー

    中継オートロードインタビュー
    「離れているからこそ納得していただける形で」

    「中継オートロード」は、無料通話アプリLINEのビデオ通話を中継してエネルギーをオートロードするシステムです。
    実施場所に出向く必要がなく、お宅やカフェなど、都合のいい場所でできる手軽さからご好評いただいています。
    中継オートロードについて、担当する鈴木会長、高橋代表にお話を伺いました。

    ※ご好評につき、引き続き中継オートロードは受付しております。
    お電話(0120-821-790)にてご予約ください。



    ■離れていても安心してオートロードを受けてもらえるように


    ──●始めにオートロードのおさらいからお願いします。

    高橋●オートロードとは、パッケージとして組み立てたエネルギー技術を、その人のエネルギー体にセットし、スイッチをオンの状態にすることです。一度オートロードを受けると、あとはエネルギーが自動で働いてくれます。常に働くものと必要に応じて働くもの、エネルギーによって異なりますが、自分でいちいち考える必要はなくエネルギーまかせにできます。

    ──●「パパベル」をオートロードしたからといって、24時間体がゆるみ続けるというわけではなく、必要に応じて働いてくれるというわけですね。基本的なことですが、オートロードと伝授はどう違うのでしょうか。

    高橋●「オートロード」は《エネルギー技術》をパッケージでお渡しするようなイメージです。「伝授」はその人に《TDE能力》をお渡しするものです。

    ──●伝授は、育てていく楽しみというか、もらったものを自分で育てるようなイメージがありますが、オートロードはそうではありませんよね。

    高橋●はい。「オートロード」は受ける時点での最新版のエネルギーをセットします。セットされたエネルギーが自分の中で進化していくというわけではありません。一方「伝授」は、受け取ったTDE能力を自分でいろいろと使ったりして経験値が上がるにつれて、進化していきます。

    ──●今回の期間限定の中継オートロードは、LINE(ライン)のビデオ通話で中継して行うという以外は、対面で行う通常のオートロードと同じと考えていいでしょうか?

    鈴木●まったく同じです。中継オートロードは1~3月の期間限定で行ったところ、ご好評をいただきましたので延長して6月まで行うことにしました。(好評だったため、さらに6月以降も継続して受付しています。)

    ──●なぜ中継オートロードを始めたのですか?

    鈴木●ひと言で言えば会員サービスです。オートロードは会員さんのニーズが多く、全国各地はもちろん、海外からも足を運んでくださる方がいらっしゃいます。距離的な問題だけでなく、介護やお仕事の都合、またご自身の体調などで、少しもその場を離れられないという方もいらっしゃいます。決まった場所で限られた日しか行いませんから、予定が合わず、オートロードを受けたいけれど受けられないというお声も少なからずいただいており、私たちも心苦しく感じていました。なにか改善できないかと思っていたところ、今回の中継オートロードを思いつきました。私は初代山岸会長時代に中継オートロードを担当していたことがありますし、LINEのビデオ通話なら実質無料で中継映像を使った通話ができる(Wi-Fi環境下では無料。4G等の環境下ではパケット料金がかかることもあります)。中継映像があれば、その場にいらっしゃらない会員さんにも安心感を持ってもらえると思いますし、離れていても不安なくオートロードができるのではと考えました。

    ──●もしかして、オートロードをする側にとっては、中継映像があってもなくても関係ないのでしょうか?

    高橋●はい。実際には関係ありません。相手の方と距離が離れているからといって、また姿が見えないからといって、オートロードを失敗することはまずありませんから。

    鈴木●中継映像を通じて、受ける会員さん側に「オートロードをやってもらっている」ときちんと認識していただくことが大事だと考えます。

    ──●中継映像で受ける側の状態をしっかり見ていただくことで、エネルギー情報をきちんと知ってもらえるんじゃないかとも思ったのですが、それも関係ないと?

    高橋●そうですね。こちらはエネルギーを入れる相手を特定できればいいだけで、エネルギーの世界では距離は関係ありませんから。

    ──●面識のない人へのオートロードでも、視覚情報は関係ないのでしょうか?

    高橋●視覚情報の有無は、エネルギーを送る側としては関係ありません。例えば調整師さんの中には遠隔調整をされている方もいますが、その時に視覚情報が必要ということはないでしょう? それでも確実にエネルギーが働く。ただ、クライアントさんに「たしかに私が受けました」と納得していただくことは、離れているからこそ大切にしたいところなんです。安心してTDEを楽しんでいただけるということが、多くの方にTDEを使っていただくことにつながるんじゃないかと思っています。

    鈴木●目に見えないものは “あやしい”と言われてしまうことも少なくありません。エネルギーを扱う者としては、離れた所にいる人であっても相手を特定できれば100%のオートロードができる。だけどPH会としてはそれではいけないだろうと。初心者に近い会員さんもいらっしゃる中、信頼関係を築きにくい状況ではいけないと思うんです。中継映像があったとしても、エネルギーの世界をご存じない方からしたら十分あやしいものかもしれません。そういうバランス感覚は大切にしつつも、会員さんに喜ばれることを誠実に行うように心がけたい、と今回の中継オートロードのかたちに至りました。


    ■中継オートロード一問一答


    ──●中継オートロードはどのような方に向いているでしょうか?

    高橋●物理的に動けない方、人との接触を避けたい方、事情があって時間が取れない方、高額になる交通費を節約したい方、いろいろと面倒だからパパッとスマホで済ませたいという方にも向いています。

    ──●中継オートロードのメリットは?

    高橋●第一に時間とお金の節約ですね。遠方にお住まいの方なら交通費を貯めておけば、もう1つ別のオートロードが受けられるかもしれません。また、衛生面の不安が軽減できることもメリットだと言えるでしょう。

    鈴木●人気の「スーパークロック」「スーパーチャンネル」は、倍率をどんどん上げたい方がいらっしゃいます。そういう場合にも中継オートロードは重宝すると思います。

    ──●一度の中継オートロードで受けられるのはいくつまでですか。

    鈴木●中継でも対面でも、原則1回2種類までです。一度にたくさんオートロードを受けるとそれぞれのエネルギーの働きの差をキャッチするのが困難になってしまいますから。「パパベル」と「ディフェンスM」ならまだわかるかもしれませんが、肉体系の「ACSボディ」などではなにがどうが働いているのかわからず、研鑽にならなくなってしまいます。

    ──●中継オートロードを受けるのにふさわしい場所は?

    高橋●静かな場所ならどこでも構いません。ご自身が落ち着ける所、リラックスできる所がいいと思います。もちろんご自宅でもいいし、ご家族がいて落ち着けないなら、近くの公園、カフェなどでも結構です。その際は周囲の方にご迷惑にならないようご配慮ください。入院していらっしゃるような場合は、院内で通話できる場所ならどこでも結構です。

    ──●かかる時間は3分程度だったと記憶していますが、スマホを手で持ちLINEビデオ通話を行えばいいのですよね。

    高橋●はい。我々はオートロードする際、手を使いますが、受け手の方(会員さん)はなにもする必要はありません。いつも通りに、ご自身でスマホを持って、LINEのビデオ通話をしていただければ結構です。ついでに言うとせっかく中継オートロードでお出かけの必要がないのですから、普段着、部屋着のままでもお気になさらずに。

    鈴木●オートロードでは、パワーストーンや眼鏡をつけていることを気にされる方もいらっしゃいますが、エネルギーには全く関係ありません。パワーストーンがエネルギーを吸い込んでしまうこともなければ、眼鏡ではじいてしまうこともありません。ただ、気になってしまうなら、外しておくほうがリラックスできるんじゃないでしょうか。お好きなように受けていただければと思います。

    ──●申し込みについてはどのような手順でしょうか?

    高橋●会員誌に予定が出ていますので、まずは電話で申し込んでください。すでによくご存じのエネルギーなら普通に申し込めばいいですし、そのエネルギーをもう少し知っておきたいという場合は本部スタッフにご相談ください。オートロードを受けたいエネルギーと同じ、または似たエネルギー製品を先に試しておいていただくと、いっそう安心して受けられるのではないかと思います。

    ──●オートロードのエネルギーすべてが、ノパルで展開しているわけではないですね。

    高橋●「スーパークロック」「スーパーチャンネル」などはエネルギーの情報量が膨大なのでオートロードだけでお渡ししています。エネルギー製品で試すときは「ブレインMIX」などでさわりをお試しいただけます。逆に「Sパージ」は人気のエネルギーですが、オートロードはありません(セミナーでのアクティブオートロードは実施)。なぜかというと、マイナスエネルギーってなかなかキリがないんです。仮にオートロードを受けて、今受けているマイナスのつながりを排除できたとしても、受けやすい体質の方はさらに手強いものが新たに来てしまうことがあります。そういった時にはなかなか対応できなかったりしますから、その都度、最新版のエネルギーを封入した製品を使っていただくほうがいいということで、あえてそのようにしています。

    ──●マイナスエネルギーは、変異を続けるウイルスみたいですね。

    高橋●どうしても追いかけっこになります。これについては今買えるノパルが最新版だとお考えください。

    ──●オートロードでいただくエネルギーは一生ものとして考えていいでしょうか?

    高橋●一生働きます。でも、例えば買った当時は最新であった車も、50年乗り続けると最新ではなくなってしまいます。エネルギー技術は常にバージョンアップを続けていくので、10年前、20年前に受けたものと、今日受けるものとでは、同じ名前であったとしても、内容が全然違うということがあります。

    ──●だから一生ものなのに「再オートロード」というシステムがあるんですね。では再オートロードはどのタイミングで考えたらいいでしょうか?

    高橋●一概には言えないのですが、オートロードして4、5年程経つと、再オートロードしていただく価値は十分あると思っています。


    ■一番理想的な形でエネルギーを届ける


    ──●「パパベル」はオートロードがあるし、「パパベル・リブレ」はノパル製品があります。オートロードとエネルギー製品、それぞれ上手な使い方はあるのでしょうか?

    高橋●オートロードの「パパベル」はその方の状況に応じて、必要なときに自動で働きます。そこにノパル「パパベル・リブレ」を飲むと、ベースの「パパベル」にプラスして強制的に働くエネルギー量が増えるのでさらなる変化が期待できます。「パパベル」をオートロードして疲れにくくなったけれど、ひどく疲れた時のために「パパベル・リブレ」はいつも用意しているという会員さんも少なくありません。

    ──●オートロードのエネルギーに、ノパルなどのエネルギー製品をプラスして使えば、いっそうの働きが期待できるということですね。

    鈴木●「人に対してダイレクトに作用するからオートロードのほうが強力!」と考える方が時々いらっしゃいますが、実はノパルのほうが体感的にはわかりやすかったりすることも多いんです。オートロードは人に対して設定する分、その人にとって負担なく、無理なく働いていくように設計されています。そういったこともあって「ノパルで気に入ってオートロードを受けたのに、なんだかよくわからない…」ということもあったりします。でも、しっかりとエネルギーは働いていますので、ご安心ください。しばらく経って振り返ってみると、そういえばなにか調子いいな…なんていうこともありますので。

    高橋●エネルギー製品には、ノパルやコラーゲン、CDなど、いろいろな媒体がありますが、一番理想的な形でエネルギーを封入できるのが「人」へのオートロードなんです。

    ──●2つ以上のエネルギーをオートロードを受ける時、相性が悪いエネルギーはありますか?

    高橋●エネルギー製品も同じですが、特にありません。気にせずにいくつでもどうぞ(笑)。

    鈴木●全種類のオートロードを受けていらっしゃるという会員さんもかなりいらっしゃるんですよ。なかなか都合がつかずオートロードが受けられないという方にも確実に届くものを作りたくて、今回の中継オートロードの実施に至りました。ぜひこの機会を活用していただいて、TDEを役立てていただければうれしく思います。

    中継オートロードインタビュー
    時間もお金も節約できて、働きそのまま

    遠出することが難しい状況の中で受けた「中継オートロード」が想像以上に良かったというベテラン会員Mさん(女性・70歳)。
    朗らかで明るく、日々をハツラツとお過ごしになるMさんに、鈴木正幸TDI会長と高橋正俊PH会代表が、オートロードのこと、日々のエネルギーの活かし方などを、じっくりと伺いました。
    「中継オートロード」を受けて、どのような変化を体験されたのか、会員さんの体験報告をお届けします。

    ■中継オートロードの働き


    Mさん●一昨日は、『ACSボディ11(内分泌系)』の中継オートロードを受けさせていただきました。翌日に鏡を見ると、首のあたりのシワが少なくなっているような、ちょっとスッキリした気がするんです。「まさか」と思いつつも、今日も鏡をのぞき込んだら、やっぱり首のシワがスッキリしているような気がします。もっと早くオートロードを受けておくべきでした(笑)。

    高橋代表●ノドが少しラクになっていらっしゃると思うんですが、いかがですか?

    Mさん●その通りです!

    高橋●『ACSボディ11(内分泌系)』のオートロードを受けられたことで、胸腺などにエネルギーが働いた結果、活性化し、頸椎の弾力が少し復活したと考えられます。胸腺のあたりが活性化したことでノドにかかっていた負担が軽減し、ノドが、首が伸びる、そんな感じなんですよね。

    Mさん●おっしゃった通り、首が伸びたという感じなんです。気のせいかなと思いながらも、いや、どう考えても、以前よりも首がきれいになったと思いましてね。

    鈴木会長●Mさんは以前からオートロードを受けてくださっていましたが、中継オートロードが始まって以降は、毎月のように受けてくださっています。『チャクラシリーズ』も全種類受けていらっしゃるし、『ACSボディシリーズ』ももうすぐ全種類制覇ですね。

    Mさん●そうなんですよ。体をリニューアルしましょうと思って、気になった順に、毎月1つずつオートロードを受けさせていただいています。どこもかしこも全部。以前ヨガをやっていたことがあり、チャクラの重要性はよくわかっていたので、チャクラパワーも全てオートロードしていただきました。
    とくに中継オートロードは、家に居ながら、ちょっとした時間で受けられるのがとても便利です。お昼ご飯の用意をしている最中に「あ、時間だから行きましょう」といった感じでスマートフォンでLINEをつなぎ、パッと受けて。
    ものすごくいいです。それだけで「やってもらったわ。うれしい」みたいな。これで新型コロナも怖くないような無敵の気分ですよ(笑)。

    鈴木●オートロードを受けられて、変化はいかがですか?

    Mさん●受けた当日はわりと普通なんです。翌日から変化に気がつき始めます。オートロードの独特の、根底から改善していくみたい感覚をいつも感じさせていただいています。
    その感覚というか、起きる変化が、中継オートロードでも、対面でやる通常のオートロードと全く同じだったのが、中継オートロードにハマるきっかけになりました。
    というのも、初めての中継オートロードは3月で、この時は『ACSボディ5(消化器系)』を受けました。ちょうど胃腸障害を起こしていて、少し不調だったんです。それがオートロードをしていただいた翌日から、胃腸の状態がどんどん改善しましてね。オートロードの働きが、「対面」と「中継」の差はなにもないことが体で実感できたんです。
    自分にとってはかなり印象的な出来事でした。新型コロナがなくなって世間が以前の状態に戻ったら、いつまた中継スタイルがなくなるかわかりません。だから「今のうちに受けねば!」という感じで、毎月1つずつ、エネルギーをオートロードしていただいています。

    ──●中継オートロードならではのメリットはどのようなものでしょう?

    Mさん●なんといってもお金と時間の節約です。私は関西在住で、オートロードを受ける時は東京など、遠方に行くようにしていました。宿泊もするので、交通費と合わせると、何万円もかかってしまいます。移動の時間だって結構かかりますでしょう。中継オートロードだと、移動の交通費と宿泊費がかかりません。かかる時間も超短縮、本番の10分程度だけですから効率的です。たとえどんなにお金と時間が節約できても、変化が少ないのは困りますが、それは全く一緒です。とくに今はコロナがありますし、電車などに乗らなくてすむという安心安全も大きい。そんなわけで、毎月の中継オートロードがとても楽しみなんです。

    ──●(鈴木会長、高橋代表に)Mさんはお宅で、昼の仕度の合間にさっと中継オートロードを受けられたそうですが、他の会員さんはやはりご自宅で受けられる方が多いですか?

    鈴木●ご自宅のほかに、車の中で受けるという方が結構いらっしゃいます。車を停めて、スマートフォンを置いてお受けになる。

    高橋●いらっしゃいますね。普段乗っていらっしゃる車でしょうし、家族がやって来る、のぞかれるなどの心配がないパーソナルスペースだから、集中しやすいのかもしれませんね。

    鈴木●納戸のようなところで受けてくださった方もいらっしゃいましたし、通話が可能な場所であればどこででも、静かなカフェでも構いません。

    高橋●中継オートロードは、対面でやるよりも会員さんがラクそうに見えますね。きっと自分のテリトリーにいらっしゃるせいでしょう。本部までお越しになると、移動のお疲れがあるところでオートロードを受けるから、少し緊張感が残っているようなこともあります。自宅でオートロードを受ける場合は、普段通りそのままリラックスしていられるのがいいんでしょうね。

    ──●中継オートロードは、物理的に移動ができないという方にもいいですね。

    鈴木●病気やケガでベッドから離れられないという方もいらっしゃいました。それから海外の会員さんにも喜ばれています。また、ご家族に受けさせるという時も重宝されているようでしたよ。受験生のお子さんや、ご自身の親御さんに、中継オートロードを受けさせるという時も都合がいいようです。

    ■伝授も中継でできて大助かり


    Mさん●実は春にファイブスターの伝授を申し込んでいたんです。ところが感染防止の観点で、東京に移動するのは憚られるようになってきました。私は福祉関係の仕事に就いていて、万一のことを考えると軽々しく移動するわけにはいかず、鈴木会長に「なんとか伝授も中継でお願いできないでしょうか」と頼みました。

    鈴木●そうでしたね。Mさんから熱いご要望をいただきました。実際にはその前にテストを済ませていて、伝授もオートロードと変わりなく、LINEの中継で行えることがわかっていたので対応させていただきました。
    中継でファイブスター伝授をお受けになって、実際いかがでした?

    Mさん●とてもいいです。前回のフォースをいただいた時と同じように、伝授後は思ったことがとてもスムーズに運ぶ感覚があります。フォースの時にも十分「なんでもうまくいくな」と思っていましたが、ファイブスターは、うまくいくスピードが速いような気がしています。
    例えば「こういうものが欲しい」と思っていると、すぐ目の前に現れます。人もそうです。それまでは会っていたのに、コロナ禍で半年以上会っていない人もいて、「彼女はどうしているだろう」なんてふと思い出すと、その日のうちに急にその方からメールが入ったりして。1ヵ月のうちに3、4人ありました。そんなこともあって、人とのつながりを大切にしなくちゃと、あらためて思うようになりました。自分の思いは、以心伝心なんだなと。

    ──●伝授が進むと、どうしてMさんのようなシンクロニシティが起こりやすくなるんでしょうか?

    高橋●頭の中に思い浮かべるということは、脳波なり、エネルギーなりが、周りになにかを発していると考えられます。TDE能力が高くなると、エネルギーの浸透性が良くなり、今までよりも広いところに情報が拡がっていく。それで、外のものともつながりやすくなるのでは…ということです。

    ──●自分の考えていることが、周りに拡がっていく感じなんでしょうか?

    高橋●そうです。自分が考えていることがどんどん外に拡がっていくし、浸透性も良くなる。能力が高くなると、よりエネルギーが細かくなってきますので、いろいろな人のところにフッと届くわけです。

    Mさん●自分が思っていることが相手に伝わりやすいのかなとは感じていますね。
    それで、最近とみに、滅多なことで人のことをイヤだと思ったりしたらいけないなと思っています。こちらのよくない感情が相手に伝わってもいけないし…。

    鈴木●確かにMさんの発信力とか受信力はアップしていますが、良くない感情が相手にすぐに伝わるかといったら、そういうことではないので、あまり気にしなくて大丈夫ですよ。相手に届くということと、相手が受け取るということは別なので。能力アップすると、ついついいろいろと気になってしまいますが、相手はこちらが思うほど敏感になっているわけではないので、問題ないと思いますよ。
    ただ、伝授が進むと、Mさんが思い浮かべることは実現しやすくなるから、ネガティブなことはあまり思わないほうがいいですね。ネガティブな言葉を発すると、それも実現しやすくなるというか。そういった意味では、自分自身が前向きにいい言葉を使うことで、Mさん自身が幸せになるんじゃないでしょうか。

    Mさん●良かった。それを目指します。

    ──●中継伝授はどのように行われるのでしょうか?

    鈴木●お1人につき30分の枠を取っていて、1対1で伝授と簡単な実習を行います。通常の伝授会で行うメニューを、個人レッスンで行うようなイメージです。「ちょっとエネルギーを出してみてください」と言って、会員さんに実際に画面に向かってTDEを出していただき、こちらでそれを確認させていただいて。「では自分のエネ体を出してみてください」と、また確認させていただいて。疑問があればその場で解消できますし、きめ細やかに対応できるので、喜ばれているようです。

    ■70歳の記憶力アップ


    Mさん●伝授で良かったこととして、もう1つ大事なことがありました。記憶力がアップしたことです。
    私は70歳で、とても興味を持ったこと以外は忘れやすいところがありました。なのに、伝授の後では思い出すスピードがものすごく速くなったんです。
    何気ない時、夫に「これどうだっけ?」と尋ねられて、どういうわけかパッと答えられたんです。夫のほうが驚いて「キミすごいなぁ。どうして思い出せるようになったの? なにかやってるの?」と言うので「それは秘密っ!」みたいな(笑)。

    鈴木●それはすごいことですね。

    Mさん●私自身もちょっと不思議で。人の名前なら、以前は上の1文字。例えば“いのうえ”さんだったら“い”だけは思い出せて、「い…なんとかさん」と言っていたのが、ファイブスター伝授をいただいてからは、フルネームでパッと出てくるんです。
    『ACSボディ1(脳系)』のオートロードも受けさせていただいたので、それと伝授とが連動していっそう頭がよく回るようになったのかもしれないと、自分では思っているんですけど。

    ──●Mさんがオートロードしてもらった『ACSボディ1(脳系)』をベースにあって、そこに伝授が加わって、記憶力もよくなったということでしょうか?

    高橋●相乗効果はあるとは思いますが、はっきりと断言はできないかな。

    鈴木●伝授を受けてエネルギー体を大きくすることによって、結果的にオートロードを受けていた『ACSボディ1(脳系)』がより働きやすくなったというのはあるかもしれませんが、年齢を重ねながら、脳も活性化していくというのは素晴らしいですね。

    Mさん●とてもありがたいです。本当のことを言うと、周りの同世代の友達が内にこもっていくのを見て、なんとなく寂しさを感じることがあったんですが、そういう寂しさもあまり感じずにすみます。もちろん内に向くのは悪いことではありませんけれど。

    鈴木●コロナ禍では、とくに引きこもらざるを得ない状況で、ご高齢の方はそのせいで気持ちがふさいでしまうという方もいらっしゃいます。そういう状況でもMさんのように、気持ちが晴れやかでいられるのは本当に素晴らしいことですよ。

    ■暮らしの中のTDE


    鈴木●Mさんはセミナーもたくさん受講していただいています。

    Mさん●ただ『リーディングセミナー・ベーシック』だけは申し込んではいたものの、コロナ禍で泣く泣くキャンセルせざるを得ず、残念でした。

    鈴木●今後必ず受講できる機会がありますから、その時にぜひ受講されて、セミナーを全部コンプリートなさってください。Mさんは暮らしの中でどんなふうにエネルギーを使っていらっしゃいますか?

    Mさん●『美容セミナー』でいただいた美容TDEをよく使っています。教えていただいた通りに、顔を洗う時に「フェイスコンビネーションプラス!」みたいな感じで、「美容TDEを流す」と思いながらやっています。
    あとは夫や子どもがとても調子が悪い時、「しょうがないからやってあげようかな」という感じでちょっとエネルギーを送ってあげたり(笑)。普通にトリートメントすることもあれば、以前受講した『リフレッシュメンターセミナー』の「コンビネーショントリートメント」を使うこともあります。
    やった後で「どう、いい感じ?」と聞いたら、「んー、わからないけど、普通!」って言われます。見ているとそのあと普段と変わりなく動いていますから、ちゃんと改善できて、なかなかいいなと思っています。
    それから私は外反母趾で、足が時々痛みます。不思議なことに、そんな時には『美容セミナー・ボディコース』でいただいた『足の引き締め』をパッと思うだけでも、足がキューッと引き締まるようで、痛かったのが治まるんですよ。そういうことを昨年までよくしていました。
    2020年になって伝授やオートロードを受けさせていただくようになって『ACSボディシリーズ』を受けてからは、以前はよくあった足の痙攣がなくなりました。足の痛みもなくなって、よほど長時間歩いたとき以外は、足を引きずるようなこともなくなり、うれしいです。
    このオートロードや伝授を5年先でしていただくのと、今していただくのと、どちらがいいかを比べると、少しでも若い時にやってもらったほうがいいと思ったんです。だから、中継のシステムがある限り、1つずつ、あるエネルギーは全部いただいていこう!みたいなつもりで頑張っています。

    高橋●Mさんのようにオートロードをできるだけ早くするというのは理にかなっていて、少しでも若いほうが、肉体の復元力は優れています。その復元力があるうちに『ACSボディ』シリーズなど、肉体系のオートロードをやっていくと、エイジングの速度が緩やかになってくる。すると5年先、10年先が結構変わってくると思うんですね。

    ■コミュニケーションのエネルギー


    鈴木●TDEはお仕事にも活かしていらっしゃいますか?

    Mさん●はい。私は管理職で、時々面談などを行う立場にいるので、そうした場では『コミュニケーションセミナー』で学んだ技術を役立てています。
    「場をつくる…」みたいな感じでTDEを流し、面談する一人ひとりに対して、必ず「コミュニケーションスペース」「コミュニケーションチャクラ」「共感」「褒める」を発動しています。中には普段あまり接していないスタッフを面談することもあるので、その方々に対してなにをアドバイスすればいいのかがわからず困ることも。そんな時は「コミュニケーションスペース」「コミュニケーションチャクラ」など、心の中で強く思うことで局面を切り抜けています。あとで周りの人に聞くと、ちゃんとふさわしいことを言えているそうです。

    鈴木●素晴らしいです! しっかり、場を作ることができているんですね。エネルギーを積極的に使うことで脳が活性化しますし、だからMさんはいつもハツラツとしていらっしゃるんでしょうね。

    Mさん●あら、うれしい。さらに頑張らなきゃいけませんね(笑)。

    鈴木●オートロードを受けて、エネ体も大きくなって、脳もガンガン働くし、すごいパワーを感じます。そのMさんの元気で、ぜひ周りの人も元気にしてあげてください。今日は充実したお話、ありがとうございました。